乳首のブツブツはなに?病気の心配はない?!

乳首ぶつぶつのモントゴメリー腺画像

乳首をよく見ると、乳頭の周りにぶつぶつとした毛穴のようなものがあります。

 

これは一体何でしょうか?

 

実はこの乳首のぶつぶつですが、モントゴメリー腺といいます。

 

乳首のぶつぶつは男女問わずあるものなので病気ではありません。

 

もし、痛みや膿がでるなど気になる症状があれば一度病院に行ってみてください。

 

乳首のぶつぶつのモントゴメリー腺その役割は?

 

乳首のブツブツのモントゴメリー腺から皮脂が分泌され、肌の水分と混じり合って皮脂膜を作っています。

 

その皮脂膜によって、乳首周辺の水分蒸発を防ぎ乾燥から乳首を守っています。

 

また、紫外線などから乳首や乳輪を守ってくれる役割もあります。

 

そして、赤ちゃんがミルクを飲むときに、乳房の中から乳首を探し出すのにも、モントゴメリー腺は使われています。

 

モントゴメリー腺から特別が匂いがでて、まだ目が見えていない赤ちゃんでも、おっぱいを掴んで匂いを頼りに乳首の位置を見つけることができるのです。

 

妊娠とモンゴメリー腺

乳首ぶつぶつ切除
モントゴメリー腺には、アポクリン腺(モントゴメリー腺)、エクリン汗腺、脂腺があり、授乳中は特別な匂いを出します。

 

これは赤ちゃんが乳首を見つけやすくするためなので仕方のないことかもしれません。

 

妊娠をしない男性にも、モントゴメリー腺はあります。もともとは乳首を保護するためですので、男女ともにモントゴメリー腺はあるのです。

 

妊娠中は、バストが大きなるにつれてモントゴメリー腺も大きくなってしまいます。

 

ですが、妊娠中は赤ちゃんのミルクに関わってきますので、乳首のケアは行わないようにしましょう。

 

授乳期が終わってから、ケアすると良いでしょう。

 

授乳期が終わってホルモンバランスが整うと、自然とモンゴメリー腺が落ち着いて、ブツブツも目立たなくなります。

 

どうしても乳首のぶつぶつのモンゴメリー腺を除去したいなら病院へ

 

人よりぶつぶつが多く目立ち気になっている方やきれいな乳首になりたい方は美容外科でのモントゴメリー腺の切除をおすすめします。

 

美容外科なら医師のもとで安心してモントゴメリー腺を除去をできます。

 

将来、出産する予定の方でも医師と相談して除去ができるので安心。

 

手術と言っても日帰りでできる手術ですし、1ヶ月もかからず手術をしたのを忘れるくらいの以前の生活に戻れます。