【必見!】乳首のかゆみの4つの原因と対処法

乳首のかゆみ

 

乳首がかゆくなる場合があります。

 

でも、乳首がかゆくなる原因は何でしょうか。実は、いくつかの理由があります。

 

カンジダなどの感染症

 

カンジダ菌は性病の一種だと思われがちですが、実は菌の感染症のひとつです。

 

酵母カビの一種で、体のあちこちにあります。

 

性器以外にも感染し、抵抗力が落ちているときに感染しやすいのです。

 

また、妊娠中や授乳中など、ホルモンバランスが崩れたときに感染しやすくなります。

 

特に授乳期のお母さんに多く、抵抗力の弱い赤ちゃんにも感染します。

 

感染した場合は、赤ちゃんとお母さんはどちらも治療しなくてはなりません。

 

感染症でかゆい場合は、ただちに病院に行きましょう。

 

アトピーなどの皮膚炎

 

アトピーだと体中のいろいろなところがかゆくなりますが、乳首もかゆくなります。

 

また、アレルギー症状などが乳首に出て、かゆくなってしまう場合もあります。

 

この場合は、皮膚科などに相談して見ると良いでしょう。

 

症状がひどい場合は、女医さんがいい場合は乳腺外科に行ってみるのも良いでしょう。

 

シャツやブラなどのこすれ

 

下着の締め付けがきつくてブラなどがこすれてかゆくなってしまうケースもあります。

 

下着の素材によっても、かゆみが出てしまう場合があります。

 

敏感肌の場合は、下着はデザインではなく素材で選ぶと良いでしょう。

 

綿100%などのオーガニックな素材を選んで、肌に優しい素材などを選ぶと良いでしょう。

 

また派手なデザインは避けて、シンプルなブラジャーなどを選ぶと、かゆみがおさまるケースもあります。

 

生理などでホルモンバランスが崩れている

 

生理などで女性ホルモンのバランスが乱れ、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが生理前後に分泌される量が多くなります。

 

肌の調子が狂ってカサカサの肌になり、それが乳首などにも届いて、乳首が乾燥してしまい、かゆくなってしまうことがあるのです。

 

対処法

 

デリケートゾーンに使う軟膏や、保湿クリームなどを使って乾燥を防止すると良いでしょう。

 

皮が向ける場合は、特に乳首の黒ずみクリームの保湿成分も有効です。

 

ただれてしまったり、分泌液が出るなどの明らかに異常が出ている場合は、乳腺外科や皮膚科などの専門医にかかりましょう。

 

乳腺外科などでは女医さんも多いです。

 

【乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!】乳首をピンクにする方法