乳首の黒ずみにヨーグルト〈ホエー〉が効果あり?

Yogurt

 

乳首の黒ずみに、ヨーグルトのホエー(ホエイ)成分が効果あると聞いたことはありませんか?

 

ホエーは、ヨーグルトの上澄みの液体で乳清ともいいます。

 

ヨーグルトを食べようとしたとき、必ず目にするあの液体です。

 

ホエーは、水溶性タンパク、乳糖、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいて栄養がたっぷり入っています。

 

さらには低脂肪で低カロリーです。

 

そんなホエーを使って、美白効果を得て、乳首の黒ずみを治すという方法に注目が集まっています。

 

ヨーグルトのホエー(ホエイ)の使いかたは簡単!乳首に塗るだけ

 

このホエーが簡単なのは、ヨーグルトを食べるときにホエーを別で取っておいて、後から乳首に塗り込むだけでいいのです。

 

ホエー化粧水や、ホエーパックなどを作って、美白効果を確認してみましょう。

 

もともと食品ですので、自家製で作っても害はありません。

 

ホエーを2倍に薄めて、精製水で化粧水を作ります。

 

また、ホエーをそのままコットンにひたして、ホエーをパックにして使います。

 

ヨーグルトのホエーには、メラニンの生成を抑制する効果が期待できる?

 

ホエーには乳清タンパク質が含まれています。これが、メラニン色素の生成をおさえてくれるのです。

 

森永乳業と和歌山県立医科大学皮膚科との共同研究で2006年に便秘がちでにきびが気になる34名の女性がアロエ入りヨーグルトを8週間食べたら肌状態が改善したと報告されています。(第 24 回日本美容皮膚科学会)

 

そしてその後の研究結果

アロエ抽出物およびヨーグルト上清(ホエー)によって、メラニン生成やメラニン生成に関与する酵素(チロシナーゼ)の活性が抑制されることが示され、その効果はそれぞれの成分だけよりも、組み合わせた方がより高い効果が示されました。
引用:アロエおよびヨーグルトが及ぼすメラニン生成細胞への影響

 

黒ずみの原因のメラニンの生成される量は、アロエ抽出物やホエーの濃度が高いほど抑制されるとわかったのです。

 

アロエ抽出物とホエーの両方にメラニンを生成する働きがありますが、組み合わせたほうがよりメラニンの生成を抑えることがわかったのです。

 

ホエーを体に塗ると、体の老廃物を排出してくれるという働きもあり、加齢によるダメージから体を守ってくれる効果があります。

 

ヨーグルトのホエーの乳首の黒ずみへの効果は弱い

 

ヨーグルトのホエーに美白効果があるといっても乳首の黒ずみを解消する量のホエーを作るには、かなり手間がかかります。

 

ヨーグルトもたくさん必要なので、コスパがとっても悪いのです。

 

なので乳首の黒ずみを解消するなら、ホエーよりコスパもよく手間のかからない乳首の黒ずみクリームがおすすめです。

 

乳首をピンクにする乳首の黒ずみクリーム