胸の下の黒ずみの原因は?その対処方法は?

【乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!】乳首をピンクにする方法

 

下着を外して自分の体を見たときに、胸の下が黒ずんでいることがありますよね。

 

ブラジャーの締め付けや長年のサイズの合わない下着をつけ続けることによって、肌が黒ずんでしまうのです。

 

特にバストをきれいに保つためにアンダーバストに負担がかかります。

 

 

私は病院で多くのかたの胸の下を見る機会がありますが、大きなバストのかたは胸の下の黒ずんでいるかたが多いと感じています。

 

胸の下の黒ずみはメラニンの色素沈着です。

 

大きなバストのかたほど自分では胸の下の黒ずみには気がつかないのでしょう。

 

上からは見えないですものね。

 

なので知らないうちにメラニンが色素沈着を起こし、加齢による肌のターンオーバーの乱れでメラニンを排出する力が弱まっているので黒ずんでいるのです。

 

胸の下の黒ずみもケアすれば解消されますが、黒ずみの簡単な解消方法が出てきたのはつい最近です。

 

ケアの仕方がわからないのではと思います。

 

だから、あきらめているのかもしれませんね。

 

 

ブラジャーのアンダーバストの部分は汗がたまりやすく蒸れやすいところ。

 

夏場にかゆくなってしまった経験を持つかたも多いですよね。

 

ブラジャーの締め付けや摩擦、蒸れは肌に負担をかけます。

 

肌を守るためにメラニン色素は増加。そして肌のターンオーバーも乱れてしまいメラニンが排出しにくくなります。

 

メラニンが色素沈着を起こさないうちに、しっかりケアしてくださいね。

 

バストが大きい人は特に注意するべき

【乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!】乳首をピンクにする方法

 

バストが大きい人は特に注意が必要です。

 

Dカップで約800g、Eカップで約1kg、Fカップで約1.6kg。

 

この重さが、アンダーバストに日々負担をかけています。

 

時々、アンダーバストがかゆいなんてことはありませんか。

 

生理の2週間前から生理のはじめのころはむくみやすいく、ブラジャーの繊維に敏感になります。

 

PMSの時期に起こりやすいのです。

 

ブラジャーのフックを利用して、いつもより楽な位置で調整してみてくださいね。

 

そして、年を取るごとにブラジャーは重要になってきます。

 

 

胸が大きい人は、垂れてしまわないようにブラジャーをしっかりホールドするタイプを選ぶとともに、締め付けすぎないようにしましょう。

 

ついつい恥ずかしがって小さめのサイズを選んでしまいがちですが、それは黒ずみの元になってしまいます。

 

できてしまった黒ずみには、乳首の黒ずみクリームでケアすると良いでしょう。

 

乳首の黒ずみクリームは、胸の下の黒ずみにも使えます。

 

優しく敏感肌にも使える成分でできていますので、乳首だけでなく胸周りのケアに最適です。

 

 

天然素材のブラジャーや、ノンワイヤーのブラジャーをつけよう

 

合成繊維のブラジャーをつけていると、黒ずみがひどくなってしまうことがあります。

 

また、ワイヤーの形が胸の形とあっていないと、黒ずみの原因となってしまいます。

 

繊維の性質上、皮膚への負担が大きく、黒ずみが起こってしまうのです。

 

また、ブラジャーのワイヤー部分も、黒ずみが起こりやすい原因となります。

 

金属ワイヤーのブラジャーはやめて、ノンワイヤーのブラジャーをつけてみましょう。

 

そうすることで皮膚への負担が弱まって、黒ずみの酷さが解消されることがあります。

 

ブラジャーを変えても胸の下の黒ずみが解消されない場合は、思い切って乳首の黒ずみクリームを使ってみましょう。

 

朝と夜の2回、乳首の黒ずみクリームをブラジャーでできた黒ずみに塗り込みます。

 

ゆっくりですが、色素沈着が薄れてきれいな肌が蘇ります。

 

当サイトで紹介している乳首の黒ずみクリームは胸の下の黒ずみにも効きます♪


乳首の黒ずみクリーム