生活習慣の改善で乳首をピンク色にできる?!

ちくびピンク

 

生活習慣の改善で乳首をピンク色にはできません。

 

そのうえ、乳首の黒ずみは生活習慣が悪いと悪化してしまいます。

 

なので、乳首の黒ずみの予防や他のもので乳首の黒ずみを改善していくときの心構えとして知っておいてくださいね。

 

乳首をいつも保湿する

 

乳首の黒ずみは、乾燥によっても起こります。

 

そのため、適度に乳首を保湿してください。

 

保湿成分を分厚くぬって、肌に負担をかけないようにしましょう。

 

また、胸のマッサージなどをする際にも注意が必要です。

 

胸のマッサージの際に、乳首がスレてしまわないように、タオルをかけたり、ジェルやオイルなどをたっぷりかけるなどして、こすれが起こらないようにしましょう。

 

保湿成分を使って、乳首に負担をかけないようにして、細心の注意を払ってマッサージやケアを行いましょう。

 

乳首は優しく洗う

 

お風呂で体を洗う際に、ゴシゴシこすってしまうと、乳首は黒ずみに近づきます。

 

なので、胸は優しく洗いましょう。

 

垢が溜まってしまうことがあっても、お風呂にじっくりと長時間つかることで、ほとんどの汚れは落ちてしまいますので、ボディタオルでゴシゴシこする必要はないのです。

 

できればお風呂の際には乳首は刺激のないボディソープを泡立て手で優しく洗って下さい。

 

お風呂でゴシゴシこすってしまうと、傷がついたり、摩擦によって色素沈着して乳首の黒ずみがひどくなります。

 

ターンオーバーに注意する

 

肌は新陳代謝を繰り返してターンオーバーしています。

 

加齢とともにそのターンオーバーがうまくいかなくなってメラニン色素が外に排出されずに乳首が黒ずむのです。

 

傷や虫刺されなどの刺激によってもメラニン色素は分泌されるので、この肌のターンオーバーをうまく利用して、乳首の黒ずみを改善しましょう。

 

紫外線を浴び過ぎてメラニン色素を増やしてしまうと、ターンオーバーがうまく働かなくなります。

 

 

生活習慣から乳首の黒ずみを改善しようと思っても、なかなかうまくいきません。

 

そんなときは、乳首専用の黒ずみ解消クリームを使ってみて下さい。

 

お肌に優しく、自然なピンク色に戻してくれます。

 

乳首の黒ずみクリーム