乳首の黒ずみにハイドロキノンが効果あり!副作用と危険性に注意

ビタミン色素沈着

 

美白効果はビタミンCの10~100倍といわれているハイドロキノンはメラニンを作るメラノサイトに強く働き新しいメラニンの生成を抑制する効果があります。

 

しかし肌の漂白剤といわれるハイドロキノンは、乳首に色素沈着してしまったメラニンを排出させることはできません。

 

ハイドロキノンは濃度によって、とても危険です!

 

ハイドロキノンは2%まで厚生労働省で許可されているので、ニキビ跡用の化粧品や美白化粧品にも含まれているものがあります。

 

濃度が5%以上になると発がん性の可能性があるので注意してくださいね。

 

美容外科では、4~5%くらいの濃度のハイドロキノンで治療します。

 

ハイドロキノンのメラニンを作らせない効果とトレチノインの色素沈着を促す効果を得られる乳首のトレチノイン・ハイドロキノン療法は、医師の指示のもとで必ず行ってください。

 

というのも、乳首と乳輪は女性ホルモンの影響を受けやすく、アポクリン腺がありもともと色素沈着をしやすい場所です。

 

医師が治療経過をみながら薬を処方し、なにかあれば臨機応変に対応する治療法なのです。

 

また、トレチノインとハイドロキノンを塗った乳首はブラジャーの摩擦で刺激を受けますし、ムレやすくなっています。

 

乳首と乳輪に塗ったトレチノインとハイドロキノンが、乳首と乳輪以外のところについてしまい副作用の紅斑や落屑などの刺激性皮膚炎を起こし、さらに乳首の黒ずみを悪化させてしまいます。

 

医師は乳首と乳輪の状態をみながらハイドロキノンの濃度と塗る回数を決め、そのほかに必要な保湿剤の処方などをして、最短で最大の効果が得られるように治療します。

 

診察のときに医師から説明を受けると思いますが、ハイドロキノンは酸化しやすく熱と光に弱いため冷蔵庫で保管してください。

 

そして、ハイドロキノンを塗ったところに紫外線があたると色素沈着が起きるので注意してくださいね。

 

ハイドロキノンの副作用は?

 

  • 一時刺激
  • 刺激性皮膚炎(かぶれ)
  • 赤み
  • かゆみ
  • 腫れ
  • 水疱
  • 白皮症
  • 尋常性白斑
  • 組織黒変症
  • 白内障
  • 指趾末端や爪甲の炎症後色素沈着

 

ハイドロキノンは副作用が出やすい薬です。

 

乳首の黒ずみを個人輸入のクリームで治そうとしている人への警告!

 

なのでトレチノイン・ハイドロキノン療法は、ネットで個人輸入をして行うやり方がでまわっていますが危険ですので絶対にやめてください!

 

たまたま成功した例を載せているだけで、白斑になってしまう方もいます。

 

ハイドロキノンはEUで化粧品として禁止され、FDAでは市販のハイドロキノンは規制されています。

 

個人輸入で買ったハイドロキノンが偽物ということもありえます。

 

あぶない個人輸入でなにかあっても保障されません。

 

自分でハイドロキノンを個人輸入して、乳首に何かあったら病院代と時間がかかります。

 

そして、乳首が元に戻るかわかりません。

 

安全にトレチノイン・ハイドロキノン療法で乳首の黒ずみを改善するなら、必ず美容外科の医師の治療を受けてください。

 

治療期間は、2〜3ヶ月を目安にしてくださいね。

 

 

乳首の黒ずみを改善するなら刺激はなく肌に優しい成分でできている乳首の黒ずみクリームがおすすめです。

 

【乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!】乳首をピンクにする方法