ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は乳首の黒ずみに効果ない?

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の効果

 

結論からいうと、ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は乳首の黒ずみに効果がありません。

 

なぜならヒルドイド(ヘパリン類似物質)には、乳首の黒ずみの原因のメラニンに効果がある美白の有効成分が入っていないのです。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は保湿剤なので、乳首に塗ると乾燥を防ぎ刺激から守られるためメラニンが過剰に生成されなくなります。

 

なので、ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は乳首の黒ずみを解消しませんが、予防はできるでしょう。

 

ヒルロイドで乳首の黒ずみの改善はできませんが、この薬について知っておいて損はありません。

 

というか、この知識があるだけでこれから便利になることがあると思います。

 

せっかくなので、ヒルドイド(ヘパリン類似物質)についてどこよりも詳しく説明しますね。

 

気になるところだけでも読んでください。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)とは?

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は、1954年にヒルドイドクリーム0.3%がマルホ株式会社から発売され医療現場で長年使用されています。

 

そもそもヘパリンとは?

 

ヘパリンはムコ多糖(アミノ糖を含有する多糖類)に分類され、同じムコ多糖に分類されている仲間にはヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸Aなどで、細胞と組織の保護や潤滑作用を持っている体にある大切な成分なのです。

 

そしてヘパリンは、医療現場でも抗凝固剤として血栓塞栓症や播種性血管内凝固症候群 (DIC) の治療や人口透析などで利用されています。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の効果と効能は?

 

ヘパリン類似物質は、血液が固まるのを防ぐ作用・抹消血液の循環を促す作用・傷跡をきれいにする働き(線維芽細胞増殖抑制作用)があります。

 

ヘパリン類似物質は、吸湿性があり水分を角質層に届けるため保湿効果がずっと続くのです。

 

普通の化粧品にはない、このずーっと続く保湿効果を実感した方の口コミが広がり話題になっています。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の効果

 

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の効果と効能があらわれるもの

  • 皮脂欠乏症

    (皮脂が減少して角質の水分量が減り乾燥する疾患でアトピー性皮膚炎や加齢にゆるものがあります。)

  • 進行性指掌角皮症(手荒れ)
  • 凍瘡(しもやけ)
  • 肥厚性瘢痕(傷跡が硬くなったり盛り上がったりしたもの)
  • ケロイドの治療と予防
  • 血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)
  • 血栓性静脈炎(痔核を含む)、
  • 外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹
  • 血腫
  • 腱鞘炎
  • 筋肉痛
  • 関節炎
  • 筋性斜頸(乳児期)

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の種類と成分

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は、ヒルドイドクリーム0.3%・ヒルドイドソフト軟膏0.3%・ヒルドイドローション0.3%の3種類あります。

 

ヒルドイドにはヘパリン類似物質が0.3%入っていますが、そのほかの99.7%にはグリセリン・白色ワセリンなどが入っています。

 

究極のアンチエイジングクリームとしてヒルドイド(ヘパリン類似物質)が有名人と一緒に写っていたり、ネットで紹介されいるのは、ヒルドイドソフト軟膏0.3%とヒルドイドローション0.3%が多いですね。

 

病院で処方されるヒルドイド(ヘパリン類似物質)はこの2つのタイプが多いですが、添加物を見てみるとスクワランが入っています。

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の成分

種類

ヒルドイドクリーム0.3%

ヒルドイドソフト軟膏0.3% ヒルドイドローション0.3%

成分・含量

(1g中)

ヘパリン類似物質3.0mg

添加物

・グリセリン
・ステアリン酸
・水酸化カリウム
・白色ワセリン
・ラノリンアルコール
・セトステアリルアルコール
・セトステアリルアルコール・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物
・ミリスチルアルコール
・チモール
・パラオキシ安息香酸メチル
・パラオキシ安息香酸プロピル
・イソプロパノール

・グリセリン

スクワラン
・軽質流動パラフィン
・セレシン
・白色ワセリン
・サラシミツロウ
・グリセリン脂肪酸エステル
・ジブチルヒドロキシトルエン
・エデト酸ナトリウム水和物
・パラオキシ安息香酸メチル
・パラオキシ安息香酸プロピル

・グリセリン

・白色ワセリン
スクワラン
・セタノール
・還元ラノリン
・セトマクロゴール1000
・モノステアリン酸グリセリン
・パラオキシ安息香酸エチル
・パラオキシ安息香酸プロピル
・カルボキシビニルポリマー
・ジイソプロパノールアミン

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)にはステロイドは入っている?

 

皮膚科で処方されるクリームですと、ステロイドが入っているか気になる方もいらっしゃると思いますが、ヒルドイド(ヘパリン類似物質)にはステロイドが入っていません。

 

症状により医師がヒルドイド(ヘパリン類似物質)とステロイドの混合軟膏を処方する場合がありますが、薬局でもらう薬の説明書や容器で分かるようになっています。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の副作用は?

ヒルドイドソフト軟膏0.3%とヒルドイドローション0.3%は副作用の報告はありません。(承認時)

ヒルドイドクリーム0.3%の副作用(効能追加時)

総投与症例2471例中、23例(0.93%)に、皮膚炎・そう痒・発赤・発疹・潮紅など副作用が認められました。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は比較的安全なお薬ですが、紫斑・皮膚炎、そう痒、発赤、発疹、潮紅などの異常を感じたら医師の診察を受けてくださいね。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は粘膜に使える?

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の効果

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は、皮膚がただれているところ、傷口、眼には使えません。

 

ヒルドイドソフト軟膏0.3%とヒルドイドクリーム0.3%の容器の裏には「眼に使用しないこと」

 

ヒルドイドローション0.3%の容器の裏には「眼、粘膜、傷口には使用しないこと」

 

と記載されています。

 

ですから粘膜に使うのは控えてくださいね。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の使い方と使用量

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の効果

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の使用量

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の効果
ヒルロイド約0.5gで大人の手の平の約2枚分(両手分)に塗れます。(目安量)

  • ヒルドイドローション0.3%は1円玉大。
  • ヒルドイドクリーム0.3%とヒルドイドソフト軟膏0.3%は、人差し指の先から第一関節のところまで出した量。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)を塗ったあとは、皮膚がてかる、またはティッシュが付くくらいが丁度いい使用量です。
ちょっとべたつく感じがしますが、少しすると肌になじんでいきます。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の使い方

  1. 手を清潔にしてヒルドイドを手にとります。
  2. 症状があるところと周りにもヒルドイドを置きます。
  3. 手のひらで優しくゆっくりと丁寧に、体のしわに沿って広い範囲に塗ります。
  4. 1日に塗る回数は多いほうが良いですが医師の指示に従ってくださいね。

入浴後は5分以内に塗ってくださいね。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)を使ってはいけない方

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)には、血液を固めない作用があるため出血傾向がある病気をお持ちの方は使えません。

〔禁忌(次の患者には使用しないこと)〕
出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)のある患者
〔血液凝固抑制作用を有し、出血を助長するおそれがある〕
僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される患者
〔血液凝固抑制作用を有し、出血を助長するおそれがある〕

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)と薬価(値段)

 

薬価

ヒルドイドクリーム0.3%

23.70

ヒルドイドソフト軟膏0.3%

23.70

ヒルドイドローション0.3%

23.70

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の薬価は、すべて1gあたり23.70点。

 

例えば、ヒルドイド(ヘパリン類似物質)25g入りですと、23.70×25=593円で3割負担ならば178円位です。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)を皮膚科や内科で処方してもらうには?

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は皮膚科、内科でよく処方されていますが、ほかの科でも処方されています。

 

肌あれなど気になる症状を医師にみてもらって、ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の適応があれば処方してもらえます。

 

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)を処方してもらったらいくらかかる?

病院では、初診料2,820円+処方箋料680円=3,500円(3割負担の場合1,500円)

 

この3,500円(3割負担の場合1,500円)は医師とお話してお薬を処方してもらった時にかかる値段で、処置などをしてもらった時は処置料などが加算されます。

 

薬局では、薬代の他に調剤技術料・薬学管理料・特定保険医療材料料等が加算されます。(支払うのは3割負担なら合計の3割です。)

 

なので、2,000~3,000円位と考えておけばいいでしょう。

 

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)のジェネリック(後発品)と薬価は?

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)のジェネリック(後発品)と薬価をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

メーカー 薬価

ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「ニプロ」

ニプロ

6.3

ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「テイコク」

帝國製薬

6.3

ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「ニットー」

日東メディック

6.3

ヘパリン類似物質軟膏

-

6.3

ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「アメル」

共和

9

ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「日医工」

日医工

9

ヘパリン類似物質クリーム0.3%「ラクール」

ラクール

6.3

ヘパリン類似物質クリーム0.3%「SN」

シオノ

6.3

ヘパリン類似物質クリーム

-

6.3

ビーソフテンクリーム0.3%

帝國製薬

9

ヘパリン類似物質クリーム0.3%「YD」

陽進堂

9

ヘパリン類似物質クリーム0.3%「アメル」

共和

9

ヘパリン類似物質ローション0.3%「ラクール」

ラクール

6.3

ヘパリン類似物質ローション0.3%「ニプロ」

ニプロ

6.3

ヘパリン類似物質ローション

-

6.3

ヘパリン類似物質ローション0.3%「ニットー」

日東メディック

6.3

ビーソフテンローション0.3%

帝國製薬

9

ヘパリン類似物質ローション0.3%「YD」

陽進堂

9

ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「PP」

コーアイセイ

16.5

ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「TCK」

辰巳

16.5

ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「サトウ」

佐藤製薬

16.5

ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「日新」

日新

16.5

ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「ファイザー」

ファイザー

16.5

ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「YD」

陽進堂

16.5

ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「ニットー」

日東メディック

16.5

ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「ニプロ」

ニプロ

16.5

ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「日医工」

日医工

16.5

ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「テイコク」

帝國製薬

16.5

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」

ポーラ

16.5

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「ニットー」

日東メディック

16.5

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日本臓器」

日本臓器

16.5

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)を薬局やドラックストアで買うには?

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)を処方箋なしで薬局やドラックストアでは買えませんが、似た商品は市販されているので購入できます。

 

下記でヒルドイド(ヘパリン類似物質)に似ている商品を紹介しますが、薬局やドラックストアであれば陳列されていますし、わからなければ薬剤師または店員さんに聞いてみてくださいね。

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)に似ている市販品を購入するには?薬局や楽天、Amazon?

ヘパリン類似物質0.3%の市販品をまとめました。
薬局や楽天、Amazonで購入するときの参考にしてください。

楽天でヒルドイドに似た市販品をみてみる>>楽天ヒルドイド

Amazonでヒルドイドに似た市販品をみてみる>>Amazonヒルドイド

クリームタイプ

参考価格

1gあたり

メーカー

【第2類医薬品】ピアソンHPクリーム 50g

1,944円

38.88円

日医工ファーマ

【第2類医薬品】HPクリーム 60g

2,448円

40.80円

ノバルティス ファーマ

【第2類医薬品】アットノンEX クリーム 15g

1,404円

93.60円

小林製薬

【第2類医薬品】ヘパソフトプラス 85g

1,728円

20.33円

ロート製薬

【第2類医薬品】エプールHPクリーム20g

698円*

34.90円*

万協製薬

【【第2類医薬品】トフラックスHPクリーム20g

1,300円

65.00円

京都薬品ヘルスケア

【第2類医薬品】ノンアフターHPクリーム20G

980円*

49.00円*

奥田製薬

【第2類医薬品】マーカムHPクリーム50g

960円*

19.20円*

新新薬品工業

ローションタイプ

参考価格 1gあたり メーカー

【第2類医薬品】ピアソンHPローション 50g

1,944円

38.88円

日医工ファーマ

ヘパソフト 薬用 顔ローション 50g【医薬部外品】

963円*

19.26円*

ロート製薬

【第2類医薬品】さいきa ローション 30g

1,026円

34.20円

小林製薬

【第2類医薬品】HPローション 50mL

1,780円

35.60円

グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン

【第2類医薬品】マーカムHPローション50g

1,944円

38.88円

新新薬品工業

ジェルタイプ

参考価格

1gあたり

メーカー

【第2類医薬品】アットノン 15g

1,404円

93.60円

小林製薬

【第2類医薬品】エルモディアHPゲル20g

798円*

39.90円*

ジャパンメディック

乳液タイプ

参考価格

1gあたり

メーカー

【第2類医薬品】さいきn 乳液 25g

1,026円

44.78円

小林製薬

*参考価格と1gあたりの列の*は、販売価格で計算しています。

 

乳首の黒ずみには美白の有効成分が入った乳首の黒ずみクリームがおすすめです。

乳首をピンクにする乳首の黒ずみクリーム